hibibro’s diary

必要なことを詰め込むことも大切ですが、無駄なことを見て和むのも大切。そんな雑記ブログ

壁紙に穴を開けたくない!フック編

 

壁紙に穴を開けたくなーーーい!!!!

 
どうも、壁に穴を開けたくない男です。
 
 
誰もが持っている悩みでじゃないでしょうか?
 というか現代人みんなが持っている悩みなんじゃないのかな?
 
 
”壁に穴を開けたくない”
 
賃貸:いやー、無理だわー
   退居の時に追加のお金なんか払いたくないわー
 
持家:いやー、穴開けたらずっと残っちゃうしー
    無理無理ーー 
 
という感じで。
 
僕は帽子掛けたり、子供の保育園バッグを掛けるフックが欲しかったんですけど、
おしゃれな壁掛けフックって大っ体壁紙に穴を開けてネジで固定するタイプなんです!!!

 

 
  

こんなやつとか

 

 こんなやつとか

 

小心者の僕としては、壁に穴を開けてフックを取付た後、
不具合があるのが嫌。
 
取付けたフックの場所が後々邪魔になってしまったり、設置場所が悪くて見た目が変になってしまったり。
穴を開けた後に別の場所にフックを取付けて、元の穴を埋めて補修して、ちょっと気になるとかもう最悪。

 

 

こんな感じにおしゃれなフックを取付ける予定でしたが、これに関しては現段階では諦めました。

 

f:id:hibibro:20200725103159j:plain

 

 それでもフックは取付けたい

 

それでも壁にフックは取付けたい。

毎日使う幼稚園バッグを収納してしまうと毎日出し入れすることが面倒くさくなってリビングに出しっぱなしにする自信があります。

 

100均で便利なフックがあるので(おしゃれさは皆無です)使用知っていますが、これはカレンダーや写真等、フックを目立たせずに取付けるものに使用しています。

 

 

f:id:hibibro:20200725101301j:plain

 

これは商品写真下の緑色のチューブに入ったボンドで透明フックを取付けます。

なかなか剥がれないし、取りたい時はすぐに剥がれます。

(ボンドが指でクルクルすると綺麗にとれる)

 

このクオリティで100円なのでこれはかなりオススメ。

 

そしてちょうどいいフックを見つける

そして見つけたフックがこちら。

 

 

適度におしゃれでフックが一つずつ設置。

 

設置方法はネジ式、接着式の2パターンあります。

 

  • ネジ式

 耐荷重5~10㎏まで

 

  • 接着式

 耐荷重2~ 3㎏まで

 

となります。

 

僕が求めていたものは帽子や保育園バッグをかけられるものだったので接着式の2~3㎏で十分。

 

設置結果こんな感じになりました。

f:id:hibibro:20200725222416j:plain

 

f:id:hibibro:20200725222224j:plain

 

 

このバッグは先日のブログでご紹介した

こじゃれたエコバッグ

”エンビロサックス”

hibibro.hatenablog.com

 

 同じ様なフックタイプでデザイン違いもありますのでこちらもいかがでしょうか。

 

 

 

 

まとめ

大切な壁紙に穴を開けた後、取り返しのつかないような傷がついてしまったら補修もめんどくさいし、時間もかかるし・・・。

フックを取付けずに生活をすると間違いなく家が片付かない自信もありました。

 

日頃から家を小奇麗にできるようにと試してみる気持ちで購入しましたが満足度がなかなか高かったので御紹介してみました。

 

もし、同じような悩みを抱えている方がいましたら試してみて下さい。